子育てを終えた夫婦二人の家

       +多目的ゲストルーム

 

 数寄プロが提案する間取りは、広くはありません。

手の届く範囲のスペースです。敷地いっぱいに建てた家を減築するのはいかがですか。

敷地に余裕ができると建物の手入れもしやすくなります。平屋にしてしまえば、雨どいの掃除もできます。もちろん、間取りそのものがコンパクトであれば、総建築費も抑えられます。

面積が、広い家でなく、気持ちが広々、清々と暮らせる家です。

都会では、親、子、孫、が同じ家で生活を続けるという、昔ながらの家族スタイルが少なくなりました。

 しかし、変化の激しい時代、家族が助けあうためのスペースも必要です。

物置化した子供部屋をやめて、親しい友人にも、遠くの親戚にも、里帰りの娘にも、使いよい

機能的なゲストルームを設けておけば、新しいつながりができて、家は継がれていくと考えます。

 

深めの庇と、軽やかな大きな開口で庭と一続きの「縁側」を持つ

日当たりのよい開放的なキッチンと居間、寝室は和のしつらいでも、全てイスとベッドなので、膝や腰に負担がかかりません。更に、玄関側と寝室と両方から洗面室、浴室に入れたり、家の中に行き止まりを作らないプランなど、今より高齢になっても使いよい間取りを提案します。

 

●(実は)不自由な注文住宅に挑戦する!

注文住宅だったら、自分の好きなように建てられる

そう思って、安心料も考えて

少し高めの大手住宅メーカーに頼んだけれど、

あれはだめ、これはない、ここから選んで、と言われて、

結局、石膏ボードとビニールクロスでできた、

カタログを組み合わせただけの家になった。

 

数寄プロなら、標準仕様で出来ないことにも挑戦できます。

趣味、電気の消し方、風呂の使い方、料理の方法、一人ひとり違います。

家族が、安心安全に第二の人生を楽しめる家にします。

 

また、マンションにおいても、数寄屋のくつろぎを実現します、

無垢の木や漆喰につつまれたリフォームです。戸建の家と見分けが

つかないほどの空間となります。

  数寄屋で大空間

 

伝統の意匠を踏まえた新しい建築を提案します。

木造は、もちろん、RC鉄骨にも対応できます。

© 2023 by ​INTERIORS&CO. Proudly created with Wix.com

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-googleplus
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now